遊戯王 テラ・ノヴァ

遊戯王注目記事まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ARIA その操り人形たちは…27話 後編その1「3大妖精」


ARIA THE ORIGINATION EXTRA
【その操り人形たちは…27話 後編その1「3大妖精」】


目次

26話の続き

灯里達はアルトの操り人形として
彼の好き勝手に操られていた。
まるでマリオネットのように…
そして、ジンは新たなマリオネット達を呼び出す…

nin.jpg

仮眠をとっていたアルトが起き上がった。
「まずは彼女達に
制服を着させてくれないか。」

「はい、アルト様…
3人とも水先案内人の制服に着替えなさい。」


「はい…灯里は…水先案内人の制服に着替えます…」
「はい…藍華は…水先案内人の制服に着替えます…」
「はい…アリスは…水先案内人の制服に着替えます…」
彼女達は制服に着替え終わった。
灯里

「さて…そろそろ先輩達が来ますかね。
おっと、噂をすれば…来ましたか。」


「………」
「………」
「………」
妖精集合

「水の3大妖精…彼女達にも…」
「はい、アルト様。
彼女達は催眠術で私の奴隷になって頂きました。」


「スノーホワイト、
アリシア・フローレンス」

アリシア降臨

「クリムゾンローズ、
晃・E・フェラーリ」

晃降臨

「セイレーン、
アテナ・グローリィ」

アテナ降臨

「私が事前に与えた暗示通りにこの場所に来ましたね。」
妖精
奴隷1

「3大妖精達よ…全員よく来てくれましたね…」
134.jpg

「ジン様…我ら水の3大妖精…ここに全員集結しました…」
アリシア集合101

「私達、水の3大妖精はジン様の忠実な奴隷…」
アテナ奴隷

「私達の身も心もジン様の所有物…」
晃忠誠1

「何なりと御命令を…」
奴隷1

「なるほど…こんな隠し玉まで用意してたんですか。」
「さあ、アルト様。二次会といきましょうか。」
「ええ、そうですね。」
「ふふふ…」

「まずは折角後輩と先輩が
こうして再会出来たのですから、
キスでもしてもらいましょうか。」

「灯里さんとアリシアさん、
2人ともキスをしないさい。」

「はい…灯里は…アリシアさんとキスをします…」
「はい、ジン様。
灯里ちゃんとキスをします。」

きす

「チュ!」
「チュ!」
キス

「藍華さんと晃さん、
2人ともキスをしないさい。」

「はい…藍華は…晃さんとキスをします…」
「はい、ジン様…藍華とキスをします。」
きす2

「チュ!」
「チュ!」
藍華キス

「はい…アリスは…アテナ先輩とキスをします…」
「はい…アリスちゃんとキスをします…」
きす3

「チュ!」
「チュ!」

アリスキス

「では3大妖精達は仕事が終わったところですから、
まずは私服に着替えてリラックスしてもらいましょう。」

「ではこれから貴方達にいくつか質問をしますので、
最初に私服に着替えなさい。」


「はい…」
「ジン様…」
「私達は私服に着替えます…」
その後、3大妖精達には
普段では絶対話す事はできない秘密の質問をした。
これは後で良いネタになりますからね。

私服

「ふふふ、
それでは水の3大妖精達のシークレットな身体のサイズを調べたいので
競泳用の水着に着替えてもらいましょう。」


「はい…」
「これからジン様の御命令で…」
「私達は競泳用の水着に着替えます…」

「ジン様…」
「御命令通りに…」
「競泳用の水着に着替えました…」
「ふふふ…ご苦労…
では生の水の3大妖精のスリーサイズを調べますか。」

「はい…ご自由に…」
「どうぞ…」
「私達の身体をお調べください。」
妖精水着

「測定完了…」
「さあ、私達をもてなすのです。」
「はい…仰せのままに。」

「ジン様…」
「準備完了しました…」
あk

「どうぞこちらへ…」
あき

3人はレースクィーンの格好に着替えてジン達を奉仕した。
レースクィーン

「新しい水着に着替えてセクシーポーズを取りなさい。」
「はい…ジン様…」
「私達は新しい水着に着替えて…」
「セクシーポーズを取ります…」
アリシア 水着
晃 水着
アテナ 水着
三大妖精

「水着を脱いで生まれたままの姿になってもらいましょう。」
「はい…私達は…」
「ジン様の所有物…」
「ジン様に私達の全てを見せます…」
「では貴女達の身体を触らせてもらいますよ。」

「はい…ご自由に…」
アリシア裸

「遠慮無くお触り下さい…」
晃裸

「私達はジン様の忠実な奴隷…
私達の身体はジン様の所有物…」

アテナ裸

3人は生まれたままの姿になった。
0910aria_0063 (1)

「では最後に後輩と先輩達の共演で締めくくりましょう。」

「後輩達3人よ、
生まれたままの姿になって自分の先輩達と一緒に抱き合い、
身体を触り合いながら舐めつくしなさい。」


「はい…灯里は…生まれたままの姿になり
アリシアさんと抱き合い、身体を触り合いながら舐めつくします…」

「はい…藍華は…生まれたままの姿になり
晃さんと抱き合い、身体を触り合いながら舐めつくします……」

「はい…アリスは…生まれたままの姿になり
アテナ先輩と抱き合い、身体を触り合いながら舐めつくします……」


「水の3大妖精達も自分の可愛い後輩達と抱き合い、
身体を触り合いながら舐めつくしましょう。」

「はい……」
「はい……」
「はい……」

アリシア×灯里
「さあ、灯里ちゃん私と一緒にやりましょう。」
「………」
ari.jpg
灯里挑発

晃×藍華
「藍華、ジン様の御命令だ、行くぞ…」
「………」
AKI.jpg
藍華挑発

アテナ×アリス
「アリスちゃん、さあやりましょう…」
「………」
ATE.jpg
アリス挑発

その後、彼女達6人はジンの指示通りにお互いに抱き合い、
身体中を触りながら舐め尽くすという異様な光景を見せた。

パチパチ「イイものを見せてもらいましたよ、ジンさん。」
「お褒めいただきありがとうございます…ぐふふふ…」
「ふふふ…」
「ふふふ…」

28話へ続く
スポンサーサイト
  1. 2011/08/01(月) 01:27:22|
  2. ARIA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ARIA その操り人形たちは…28話 後編その2「真実」 | ホーム | ARIA その操り人形たちは…26話 中編その7「その頃」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nova8310.blog.fc2.com/tb.php/52-ff9506d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。